両家の顔合わせこれで完璧|レストランの選び方や当日の服装、顔合わせのマナーを解説!

生活アドバイザーTAKAHIRO

時代の流れなのかもしれませんが、最近は結婚を約束しているカップルであっても結納は済まさないケースが多いそうです。

その代わりに増えているのが、両家の顔合わせです。言うなれば、これは両家が婚約を確認し合う食事会のようなもの。結納に比べると手間や時間が圧倒的に抑えられるため、いたく現代的なイベントと言えるでしょう。

今回は両家顔合わせに関して備えておきたい知識として日取りやレストランの決め方、服装、さらに費用相場、そうして当日の進行に至るまでを紹介していきたいと思います。

自分の未来に影響する大切なイベントなので、最低限の知識を身につけて、当日に慌ててしまわないよう準備したいものです。

両家の顔合わせをする目的

結婚を決めるのは当然本人達ではありますが、だからといってお互いの家族を無視することは出来ません。結婚をすれば、その時点でお互いの家族は他人ではなくなってしまうのですから。

となれば、一同が会する場はやはり必要になってくるでしょう。話し合いを欠いたまま結婚という大きなイベントを迎えてしまえば、後々になって「話が違うじゃないか」というすれ違いが起こってしまい、溝が容易に生まれてしまうことは想像に難くありません。

つまり、結婚に限った話ではありませんが、円滑な人間関係を望むのならば話し合いは必須なのです。

加えて、双方の家族が集まることによって結婚式や新生活についての話題も出しやすく、場合によっては情報交換にも役立つという利点があります。

そういった様々な理由で、両家顔合わせは結婚する当人達にとっても、その家族にとっても大切なイベントとなっているのです。

 

両家の顔合わせの日取りや日程

一般的には結婚式の六~三ヶ月ほど前におこなわれますが、これには明確な決まりはないため、両家に合わせて対応するのが良いでしょう。

また、六曜を気にする家族がいれば、そちらの意見も出来る限り聞き入れたいところです。オススメなのは、やはり大安。午前中なら先勝、午後なら友引が良いのではないでしょうか。

顔合わせの場所も、負担が片方の家族に片寄ってしまわないよう注意したいところです。

もしそれが難しいようなら、なんらかの形でフォローすることを忘れないようにしましょう。

両家の顔合わせに招待する人・手土産

顔合わせの食事会に出席するのは当人達とその親が一般的ですが、兄弟や姉妹、祖父母が同席することにもとくに問題はありません。

出席の人数も両家で合わせる必要はないので、柔軟に対応して大丈夫です。

しかし、顔合わせの食事会では結納の儀式をおこなわない代わりに、結納品の交換をする場合があります。

結納品の交換をおこなうのかどうかは、事前に必ず両家で相談をして決めておきましょう。結婚指輪や婚約記念品を披露する場合も、あらかじめの用意を忘れないように。

手土産は必ずしも必要というわけではありませんが、一方の家族だけが用意をしていたという状況は避けたいところですので、これも事前に相談して決めておいたほうが良いでしょう。

金額の目安は二千円から五千円が一般的で、相手の家族の好みに合ったお菓子や地元名産品などを選ぶ方が多いようです。

両家の顔合わせ当日の服装

当日の服装で重要なのは、両家の格を合わせることです。片方がカジュアルなのに、もう片方はフォーマル…なんていうことにならないためにも、事前に話し合いをして決めておきましょう。

なお、必ずしもフォーマルでなければならない決まりはありませんので、リラックスした食事会にしたいと思うのならばカジュアルで揃えるのも良いでしょう。

フォーマルな場合、男性はスーツ、女性はワンピースやアンサンブルスーツなどが一般的です。着物でも問題ありませんので、それぞれご自身が良いと感じるものを選んでください。

食事会の相場や支払いについて

食事会の費用は、もろもろ合算でひとり当たり一万円くらいに抑えるのが良いでしょう。

両家の出席人数が同数なら折半、異なる場合は人数で割って計算するのが一般的です。

支払いの際は、男性が代表しておこなうのが良いかもしれません。食事が終盤に差し掛かった折、追加の注文がないことを確認してさりげなく席を立ち、会計を済ませましょう。

この場合、女性側の費用をあとから男性に支払うことを忘れずに。

食事会の席次

顔合わせの食事会はふたりが親を持て成す形となりますので、まずふたりが末席に、そうして双方の親が上座になるよう座ります。

末席や上座がわからない場合は、部屋の出入口に注目してみてください。基本的には出入口に近い席が末席となります。不安な場合は、事前に店のスタッフさんに尋ねてみると確実かもしれません。

店に向かう段取りは、個々に店に到着する形よりも家族ごとに到着する形が望ましいでしょう。ふたりがそれぞれの親と待ち合わせ、家族がそろった段階で店に向かえば、誰かが道に迷う心配もなくなります。

食事会当日の流れ

さぁ、ここからが本番です。と言っても、緊張しすぎて失敗をしてしまっては元も子もないので、適度に肩のちからを抜いて、いつもの自分でいられるように努めるのが大切かもしれません。

最初に、男性が挨拶をします。無理に長い言葉をくちにする必要はありませんので、食事会の目的を簡単に説明しておきましょう。

そうして、乾杯をします。乾杯の音頭は男性側の父親がとる場合が多くはありますが、これも決まりではありませんので、話し合いの末にふさわしい方にお願いするのも良いのではないでしょうか。

料理が運ばれてくるまでの時間を、自己紹介や家族紹介に使用します。この際は、男性側の父親から順に紹介をすると形式的に整うかもしれません。

もし結納品や婚約記念品がある場合は、食事前に交換などを済ませておきましょう。

結婚指輪の披露は、男性が女性の指に嵌めると場がいっそう華やぐと思われます。

食事中の話題はふたりが意識的に提供する必要がありますので、こちらも事前にしっかりと考えておきましょう。

最後の挨拶も忘れないように。互いの家族への敬意が大切ですので、緊張で疲れているとは思いますが、最後まで気を抜かないように頑張ってください。