良い産婦人科に出会うための5つの選び方と産婦人科での中絶費用について調査してみました。

妊娠をしたら、後は出産するだけというわけではありません。

定期的に産婦人科で妊婦健診を受けて、母体や胎児の状態を調べてもらう必要がありますし、出産をするときにもお世話にならなくてはなりません。

産婦人科の選び方

通院をしなくてはならないわけですから、産婦人科としての評判やスタッフたちの対応もちゃんと確認をしおく必要があるのです。

通いやすさももちろん大切ですが、入院をした時の雰囲気や対応などが悪くて、産婦人科選びで公開したという人も少なくありません。

ですので、産婦人科選びで失敗しないようにするために、どんなことをチェックしていけば良いのかをお話していきたいと思います。

出産ができる産婦人科の種類

産婦人科というのは、1種類しかないわけではなく、5種類に分けることができます。

総合病院の産婦人科

総合病院というのは、様々な科が院内にありますし、入院をすることもできます。

妊娠をすると胎児の異常や合併症が怖いですが、他の科で同時進行で調べることができますので、トラブルを未然に回避したり、すばやく対応をしていくことが可能です。

ただし、他にも通院をする人が多いですし、同じ科でも色々な医師が入るため、相当待たなくてはならなったり、毎回受診をした時の医師が違うことがネックだと感じる人も少なからずいます。

大学病院の産婦人科

大学が運営をしている病院が大学病院であり、最新の医療を受けることが出来るケースが多いです。

また、産婦人科以外にも色々な科がありますから、トラブルが起きたときに迅速に対応をしてくれるのもメリットでしょう。

大学病院によって違っていますが、医療設備も最新のものが用意されていたり、新生児集中治療室が設置されていることもあるため、持病があったり高齢出産をするのであれば、大学病院も選択肢に入れてみても良いかもしれません。

ただし、医師として見習いの研修生や大学生が、出産時に立ち会って勉強をすることもあったり、利用者が多くて予約をなかなか取れないことがあるという点がネックと言えます。

産婦人科医院について

総合病院ほどではありませんが、20床以上のベッドがあり、入院をすることが出来る産婦人科だけの病院です。

同じ産婦人科医が、出産まで担当してくれるケースが多いですから、意思の疎通もしやすく安心して出産を迎えやすいのがメリットです。

また、病院によっては出産後の育児などについて講座を開いてくれることもありますので、初めて出産をして育児をする方にぴったりでしょう。

個人クリニックの産婦人科

個人で経営をしている産婦人科で小規模の病院となっています。

院長の出産までの姿勢や考え方が強く検診や出産に反映されるため、自分に合わない可能性もあります。

また、合併症やトラブルが起きた時は対処をすることができずに、他の病院に移されてしまうこともありますから、個人クリニックを選ぶのであれば、慎重に選ばなくてはなりません。

助産院について

助産師の方が経営をしているのが助産院です。

あくまでも助産の資格を持っている方ですから、医療行為をすることは認められていません。

ですので、妊婦健診をする場合は、提携を結んでいる病院などに足を運ぶ必要があります。

助産院は自然分娩を希望している人たちに選ばれることが多く、妊娠中の心構えや出産後などのアドバイスを受けることができることが多いです。

自宅からの距離で決める

産婦人科の選び方として、自宅からの距離を見て選ぶことも大切です。

電車込みでの距離を見るのではなく、車での距離を見るようにしてください。

突然、破水や陣痛が起きてしまったとき、悠長に電車に乗る余裕はないでしょう。

それに、産婦人科というのは、最低でも10回以上通院をする必要があります。

ですので、可能であれば車で30分から40分くらいで通える距離の産婦人科を探すようにしたほうがいいです。

口コミや評判を確認する

産婦人科選びをするときには、必ず利用者からの評判や口コミを調べるようにしてください。

いくら自宅から近いとしても、ずさんな対応をするような産婦人科は嫌ですよね。

口コミなどでは、利用したことがある人達からどんな評価を受けているのかを知ることができますので、その産婦人科の実態を知りやすいのです。

出産費用から選択する

その産婦人科によって、出産までにどれくらいの費用が必要なのかは全然違っています。

出産一時金で42万円以内であれば、支援をしてもらうことが出来るのですが、それ以上の金額は自己負担をしなくてはなりません。

また、入院をするとなると、個室の場合はベッド料が必要になり、1日あたり7000円前後の費用が追加されることになりますから、予算内で出産できる産婦人科を探すようにしましょう。

分娩方法で選択する

その産婦人科によって、どんな分娩方法で出産をするのか予め決まっているということが多いです。

ですので、どんな分娩方法で出産をしたいのかが決まっているのであれば、その分娩方法を採用している産婦人科を探すようにしてみてください。

産婦人科での中絶と費用の相場について

出産をするのではなく、何かしらの理由で中絶を選ばざるを得ないという人もいると思います。

中絶費用というのは、産婦人科によっても違いますし、妊娠初期なのか、中期なのかによっても費用は異なります。

また中絶というのは、健康保険を適用させることができないですから、全額自己負担をする必要があることも覚えておいてください。

妊娠初期の中絶費用

妊娠して12週未満の場合が妊娠初期となります。

妊娠初期の場合は、大体10万円くらいが中絶費用の相場となっています。

ただし、中絶自体は10万円くらいですが、それ以外に薬代や検査費用なども追加されます。

なお、中絶理由をあまり聞かれたくないのであれば、個人クリニックを検討するといいでしょう。

妊娠中期の中絶費用

妊娠から12週以上から21週の6日までが妊娠中期となります。

かなり胎児も成長している状態になっていますから、中絶するためには入院をしなくてはなりません。

また、妊娠中期の場合は、中絶後には埋葬や死産届を役場に提出する必要もあります。

費用に関してですが、入院もしなくてはならないですので、20~50万円前後くらいの費用が必要になることも覚悟しておかなくてはなりません。