四十九日の数え方やお布施の金額・法要での挨拶について解説

生活アドバイザーTAKAHIRO

故人の法要は宗教や宗派によりさまざまな種類がありますが、仏教の法要に呼ばれた経験がある方は多いかもしれません。

中でも四十九日は、仏式の法要において、お葬式の後に迎える大きな法要の一つです。

ですが、実際に四十九日にどのような意味があるのか、お布施の金額はいくら包めばいいのかなど分からないことも多いかと思います。

実際に私も喪主として故人である父の四十九日法要を行ったときは、はじめてのことばかりで段取りが分からずにアタフタしてしまった経験があります。

そこで今回は、いざというときに備えて、四十九日法要にはどんな意味があるのか?

また四十九日の数え方や、お布施の相場、自分が喪主になったときに覚えておきたい知識について解説していきます。

四十九日の意味

仏教の世界では、亡くなった人は命日から七日目に三途の川のほとりに至り(初七日)、その後七日ごとに受ける裁定によって来世の転生先が決まる大切な日とされています。

「満中陰(まんちゅういん)」と呼ぶこともありますが、故人が成仏して極楽浄土に行けるよう願い、家族や親族を始め、故人と親しかった人などを招いて法要を行うのが一般的です。

また、この日は「忌明け(きあけ)」となるので、残された遺族にとっても大切な節目の日となります。

従来は七日ごとに法要を行うものとされていましたが、遺族にかかる負担が大きいため、現在は初七日と四十九日の法要のみ行い、さらに初七日は、葬儀の日に遺骨迎えと合わせて行ってしまうケースも多いようです。

四十九日の数え方

数え方と実施日についてですが、一般的には命日から数えて四十九日目に法要を行います。

例えば、3月1日が命日であれば、5月18日に四十九日の法要を行うのが望ましいと言えます。

ただし、その日が平日ですと、家族や親族が集まりにくいかもしれません。

そのような場合は土日にずらすことも可能ですが、その日取りは出来るだけ四十九日よりも前倒しします。

「故人の魂を待たせてはいけない」という考えに基づくものなので、葬儀直後から準備を始めても良いくらいでしょう。

また、地域や宗派によっては亡くなった前日を一日目としてカウントする場合もあります。

どのような数え方をするのか分からない場合は、地元の年配の方や、葬儀を執り行った場所のスタッフなどに確認しておくと安心かもしれません。

四十九日法要を避けるべき日はある?

葬儀や告別式の日は、六曜の「友引」は縁起が悪いとされ、避ける場合が多いでしょう。

それに対し葬儀後の法要では、特に六曜にこだわらなくても問題はないようです。

また、地域や宗派によっては、命日から三ヶ月をまたいではいけないというところもあります。

「三月掛け(みつきがけ)」と呼ばれ、例えば、4月21日に亡くなったとすると6月8日が四十九日目になる場合などです。

「始終苦労が身につく」という語呂合わせに由来するようですが、「三月掛け」を重視しないのであれば、気にしなくても大丈夫でしょう。

地域の風習などの関係でどうしても気になるようでしたら、日程を2ヶ月以内にするように繰り上げるなどの工夫をします。

同様に、法要の開始時刻も特に決まりはありません。

法要後に会食があるのが一般的なので、お昼前後の時間帯に行う場合が多いのですが、法要を依頼するお坊様の予定が立て込んでいると、時間が指定される場合もあります。

四十九日のお布施はいくら?

お布施にはあくまでも「お気持ち」で渡すものとされているので、特に金額は決まっていません。

ですが、あまりにも低い金額では故人や僧侶に対して失礼ですから、四十九日法要のお布施の金額は、葬儀のお布施の金額の10分の1程度が相場だと言われています。

金額にすると30,000円~50,000円くらいでしょう。

さらに、四十九日法要と合わせて納骨式(お墓にお骨を納める)や、新しく準備した仏壇の開眼法要を行う場合もあります。

お布施の相場は地域や宗派によって異なりますから、金額が心配であれば、葬儀や法要の相談のときに、葬儀社やお寺に確認してみると良いかもしれません。

また、お布施以外にもお金を包む場合があります。

法要後、お坊様が会食に同席しない場合は(5,000円~10,000円程度)、お寺以外の場所で法要を行った場合は御車代(5,000円~10,000円程度)を包みます。

法要を依頼する際には、御膳料や御車代が必要かどうかも確認しておきましょう。

四十九日法要での挨拶について

四十九日法要で挨拶するタイミング

葬儀のときと同じように、四十九日法要でも喪主が挨拶を行います。

遺族・親族だけでなく、故人の関係者も呼んでの法要ですから、故人や参列者に対して失礼のない挨拶にしたいものです。

始まりの挨拶

法要を行う場所によっては、若干流れが異なる場合があります。

お寺で行う場合は、僧侶の読経が始まるとそのまま法要が執り行われるのですが、読経前に、施主が挨拶を求められる場合もあります。

自宅や葬祭会館など、お寺以外の場所で法要を行う場合は、まず施主の挨拶から始まるのが一般的です。

いずれの場合でも、あまり長すぎないように、かつ、参列者への感謝の気持ちを込めた挨拶文を用意しておくと、参列者に気持ちが伝わりやすく、法要自体もスムーズに始まるでしょう。

会食前、中締めの挨拶

法要後には会食をすることも多いでしょう。

法要後、開始の挨拶より少し長めの挨拶と合わせて、会食の案内をします。

この挨拶の中で、次のポイントを抑えた挨拶にすると、聞きやすい挨拶になるでしょう。

  • 法要のお礼
  • 故人との思い出
  • 会食の案内と締め

中でも「法要のお礼」は、会食に出席しないで帰られる方もいらっしゃる場合がありますから、しっかりとお礼の気持ちを込めた内容にしましょう。

また、会食を行う場合は「献杯」の挨拶をする場合もあります。

献杯については、後に詳しく述べます。

締めの挨拶

会食後、もしくは法要終了後(会食のない場合)に行います。

故人のために遠方より駆けつけてくださった方もいらっしゃるかもしれませんから、どなたにも聞こえるように、聞こえやすさを意識しながら心を込めて挨拶をするのが、マナーでしょう。

紙に書いた内容を見てもいいのか?

「紙を見ながら挨拶をするのは失礼だ」と考える方もいらっしゃるようですが、法要の挨拶では、普段あまり使い慣れない言い回しや言葉も出てきます。

事前に挨拶文を書いた紙を用意して、それを読み上げる形でも問題はないでしょう。

ただし、下を向いたままで紙を見ながら読み上げると、読み手の声が聞き取りにくくなってしまいますから、顔を上げて会場全体に語りかけるようにし、手元のメモはさっと見る程度にとどめるほうが、参列者に聞こえやすくなるでしょう。

四十九日法要では乾杯ではなく献杯

会食を行う場合は、会食の始まるタイミングで「献杯」を行います。

献杯の挨拶は喪主が行う場合が多いのですが、特に決まっているわけではなく、縁の深かった親族などが行う場合もあります。

出席者全員が着席したら、位牌の前で故人に向けて杯を置き、喪主の挨拶後に献杯の挨拶を行います。

喪主が献杯の挨拶をする場合は、会食前の挨拶後、そのまま献杯の挨拶をしましょう。

最後に、参列者側の献杯のマナーについてです。

一般的な「乾杯」と似ていますが、大声で唱和することはありません。

飲み干したり、飲んだ後の拍手といった「乾杯」のマナーも献杯にはありませんので、うっかり手を叩いたりしないように注意してください。

あくまでも、故人を偲ぶための会食であることを意識しましょう。